静岡県浜松市の弁天島海浜公園などが「訪れてみたい日本のアニメ聖地88」に選ばれ、6月27日、認定プレートが贈呈されました。

認定されたのは、アニメ「ゆるキャン△」シリーズで、舞台の一つになった弁天島海浜公園です。6月27日は、アニメツーリズム協会の鈴木則道専務理事から、浜松市西区の水谷供子区長に認定プレートと御朱印スタンプが贈られました。

「訪れてみたい日本のアニメ聖地88」は、アニメツーリズム協会が地域活性化につなげようと実施し、アニメファンの投票などによって選ばれます。認定プレートは早速、公園内にある舞阪町観光協会に設置されました。

このほか、浜松市では「エヴァンゲリオン」シリーズの天竜二俣駅も選出されました。