子どもたちに「伊豆」の良さを体験してもらい、地域の担い手を育てようという活動が行われました。

静岡銀行が開いた「しずおかキッズアカデミー@稲取」は、子どもたちが地元を再発見することで将来、地域で活躍する人材を育てる活動です。6月25日は静岡県東部に住む小学4年生から6年生までの12人が参加し、キンメダイの漁師から東伊豆の海についての講義を受けました。

その後、東伊豆町内のホテルで自分たちの親をお客さんに見立て、出迎えや食事の配膳などの仕事を体験しました。子どもたちは少し緊張しながらも、しっかりと声を出していました。

参加した子供たち
「緊張した」
「超緊張しました」
「緊張したけど、仲居さんを見ておもてなしがすごいなと思いました」
Qうまくできましたか
「まあ、70点くらい」

この活動は、26日まで行われます。