磐田市内で発見された不発弾について、磐田市は6月26日に処理を予定していて、当日は大規模な通行止めが実施されます。

2022年4月、磐田市で77年前の磐田空襲の際に落とされたとみられる不発弾が見つかり、市は6月26日に処理を行うことを決めています。

磐田市は、今週末に控えた不発弾処理に向けて住民退去や作業のスケジュールについて確認しました。

不発弾を処理する6月26日は午前8時から国道1号などで大規模な通行止めが実施され、最長で午後5時頃まで続く見込みです。