いよいよ、富士山の登山シーズンです。7月の山開きに先立ち、6月20日、富士宮ルートの登山道の通行規制が六合目まで解除されました。

富士山富士宮口五合目では、20日朝、静岡県の職員がバリケードを外し、登山道の開通を待ちわびた人たちが次々と山を登っていきました。

<登山客>
「景色も良いし空気も良いので、日本一の山なので楽しみにしている」

六合目から山頂までは、積雪や凍結のため、引き続き通行止めとなっています。それでも、高山植物や鳥たちが登山客を楽しませています。

また、20日の規制解除で富士宮口からの宝永山へのハイキングが楽しめるようになりました。

<登山客>
「火口の上に立つと雄大な景色が、ここが爆発したと思うと爽快」
「コロナ禍で2年間ほど来れなかったので3年ぶり」

<静岡県富士土木事務所 佐野光政課長>
「コロナウイルス対策をとっていただくこと、今回、人がたくさん訪れることも考えられるので、十分気をつけていただき登ってもらえれば」

五合目では2021年、放火被害にあったレストハウスが利用できず、緊急用の仮設トイレしかありません。静岡県は事前に二合目などでトイレを済ますよう呼びかけています。