およそ2000人が犠牲となった静岡空襲から77年。炎にのまれた後、芽を出した「奇跡のクスノキ」の苗木が静岡市の小学校に植樹されました。

静岡市葵区の日赤病院前に植えられている大きなクスノキ。1945年6月20日に起きた静岡空襲では、このクスノキも黒い炭のように焦げてしまいましたが、その3年後、緑の芽が出て生き返ったと言います。

<静岡平和資料センター 田中文雄代表代行>
「竜南小学校のみなさんがこのクスノキを育てて守ってください」

戦後77年が経ち、土壌の改良が必要になったため、90本の枝を挿し木にして育てた結果、2本が成長し、そのうちの1本を地元の竜南小学校に植樹することになりました。

<竜南小学校の児童>
「この学校にいる時間は残り少ないですが、最後までしっかりと大切に育てていきたいです」
「こういう経験をしている人がいなくなる前に、友達とか兄とかに話していきたいです」

戦争のない平和な世界を祈り、「奇跡のクスノキ」は子どもたちを見守り続けます。