日本一の生産量を誇る静岡県松崎町の桜葉の収穫作業が最盛期を迎えています。

 桜餅に欠かせない桜葉は松崎町で全国のおよそ7割を生産しています。収穫の最盛期を迎えた農園では、オオシマザクラから育った桜の若葉を素早く丁寧に摘み取っていきました。生産者によりますと、2022年は春先の気温の低下と日照不足の影響で生育が半月ほど遅れていますが、品質は良いということです。
<生産者>「最高ですよ。葉の量もたくさん出ているし、形もいいし病気もない」
 摘み取った桜葉は半年ほど塩漬けされ、その後、全国に出荷されます。