長崎県内では5日、新たに542人の新型コロナウイルス感染者が発表されました。
感染者数が500人を超えるのは1か月半ぶりです。

感染が発表されたのは11市7町で、あわせて542人です。
感染者数が500人を超えるのは5月21日以来、45日ぶりです。
また10日間連続で前の週の同じ曜日と比べて179人増加しました。

市町別では
佐世保市 150人
長崎市 133人
大村市 64人
諫早市 49人
島原市 32人
雲仙市 29人
時津町 20人
佐々町 14人
平戸市 10人
長与町 8人
南島原市 7人
五島市と東彼杵町で6人
川棚町と波佐見町で4人
松浦市と西海市、新上五島町でそれぞれ2人です。

新たなクラスターは3件発生していて、長崎市では5日までに民間児童福祉施設で未就学児7人、長崎税務署で同じフロアに勤務する職員9人の感染が確認されました。
また、佐世保市では市立小中学校1校の1クラスで、5日までに6人の感染が確認されています。

感染者数を年代別で見ると、
最も多いのが10歳未満で174人(32.1%)
次いで40代…79人(14.6%)
30代…75人(13.8%)となっています。

県は感染者の分布から家庭内での感染の広がりもあると見て自宅の換気やタオルの使い回しを避けるなどの対策を呼びかけています。

▼長崎県(7月5日公表) 感染「レベル1(注意報)」
病床使用率 11.9%(68床)
(重症病床)0.0% (0床)