先月23日、金沢市の通称・山側環状で車にひかれたとみられる状態のクマが発見されました。こうした、道路で野生動物が車にはねられることを「ロードキル」と呼びます。

運転中に突然、野生動物が道路に飛び出して車とぶつかってしまった。
その時あなたは、どう対応しますか?

北陸放送に寄せられた車にはねられた直後のクマ


道路上に現れた足もとがふらついたクマ。
MROスクープ投稿に寄せられた、車にはねられた直後のクマです。
(2022年5月24日配信:車にひかれた「クマ」 視聴者が捉える

現場は、金沢市の通称・山側環状で、撮影した人は「クマが目の前を横切った直後、反対車線で『バン』という激しい音がした」と話します。

JAF(日本自動車連盟)では、野生動物の動きが活発になるこれからの時期に、車で動物をはねてしまうトラブルに注意を呼びかけます。

JAF石川支部・南出衣里奈さんは、過去に石川県内で取り扱った事故の例として「イノシシとそのまま正面衝突してしまって車体の下にイノシシが潜り込む形になった」と話します

Q.注意点は?
南出さん「動物の絵が描いてあるひし形の標識を見かけた際には、速度を抑えて走行してください。ライトを上向きにして使用すると遠くにいる動物の目が光って早期発見につながります」

「動物が飛び出すおそれあり」の警戒標識


しかし、どんなに注意していても起きてしまう「ロードキル」。
これはどういった事故形態になるのでしょうか?

石川県警交通企画課・依田一美 次席は「車の運転によって物が壊れた、あるいはケガ人が出た。このいずれかがあった場合は交通事故に該当しますから、例えば小動物とぶつかっても交通事故になりますので警察に通報していただくのが大事」と説明します。