終戦から78年。戦争について語ることができる人が年々少なくなっています。これまで報じてきた、戦争の証言を振りかえります。

※2015年8月にCBCテレビで放送した特集の記事です。

“鉄の棺桶”と呼ばれた特攻兵器「これなら死ねる」

ハッチを内側から閉めると、身動きできないほどの狭い空間。そこに腰を下ろす。

目の前にあるのは潜望鏡。海上で一旦、敵艦の位置を確認する。後は潜航し、前が見えないまま敵をめがけてただ突き進む。“鉄の棺桶”と呼ばれた特攻兵器、人間魚雷「回天」。

出撃は“死”を意味していた。70年前、絶望的な状況の中で若者たちは、自ら志願して“兵器”になっていった。

回天搭乗員の生き残り、名古屋市西区に住む、岡本恭一さん、90歳。

(元回天搭乗員 岡本恭一さん)
「『これなら死ねるな』という兵器だった。特攻隊に編入されて、死を前提としていたわけですから。兵器らしい兵器。当時は若い者は死ぬと思っていた。みんな死ぬと思っていたわけ。『死にたい』って…恐怖感はその時点では湧いてこなかった」

太平洋戦争末期の1944年。戦況が悪化の一途をたどっていた中で作られたのが人間魚雷・回天。回天という名前には天を回(めぐ)らし、戦局を挽回するという願いが込められた。

当時、世界最高水準の破壊力と速度を誇った超大型魚雷、「九三式魚雷」を人が乗れるように改造。長さ約14メートル、直径1メートル、水中を時速約55キロで進む。

潜水艦から発進する回天は、九三式魚雷の3倍という1.5トンもの爆薬を積んでいる。潜航中は前が見えず、推測で敵艦に体当たりを仕掛ける。