企業とコラボした「コンセプトルーム」が、全国のホテルで増えています。

愛知県豊橋市のホテルに、人気のお菓子「ブラックサンダー」づくしの部屋が誕生しました。



今、ホテルで増えているのが、ユニークな「コンセプトルーム」。

名古屋の老舗和菓子店「両口屋是清」とコラボした「千なりルーム」や、横浜「崎陽軒」の「シウマイ弁当」がモチーフになった「駅弁ルーム」。こうしたコンセプトルームが増えている背景には…

(ホテルアソシア豊橋 佐々木康治朗総支配人)
「なかなか遠出をしづらいなかで、ホテルという安心したスペースで、改めて地元の良さを発見できる。それが、コラボレーションルームが増えてきている理由かもしれない。」

6月、開業25周年を迎えるホテルアソシア豊橋でも、その6月に、コンセプトルームがお目見えします。その部屋とは。

(ホテルアソシア豊橋 佐々木康治朗総支配人)
「地元豊橋の、ブラックサンダーを製造する有楽製菓とのコラボレーションの中で、おいしさイナズマ級!というキャッチフレーズがあるので、快適さイナズマ級!という、とてもいいお部屋ができてるので、是非泊まっていただきたい」

豊橋生まれの人気のお菓子「ブラックサンダー」のコンセプトルーム。



部屋には、商品パッケージがデザインされた枕やタオルケットに、「隠れブラックサンダー」なる、お楽しみコーナーが。


また、ウェルカムドリンクならぬ「ウェルカムブラックサンダーつかみ取り」サービスや、宿泊者向けのクイズ「黒い挑戦状」など、遊び心が満載です。


朝食では、激レア商品「トースト専用ブラックサンダー」が味わえます。


関係者は「イナズマ級の特典」で豊橋を盛り上げていきたいと意気込んでいます。

1日2部屋のみで、6月1日から8月31日までの期間限定で利用できます。