愛知・明治用水の取水施設のトラブルで、愛知県が発表する前日の月曜日に、漏水の「渦が大きくなっていた」ことがわかりました。今回の異変の目撃証言です。



(取水施設前で店舗を経営する市川さん夫妻)
「16日の朝に、渦を巻いているような現象が見られた」
「70年間生きてきて(こんなことは)ないです」





近所に住む市川さん夫婦が、取水施設の水の異変を撮影したのは、5月16日の午前中だったといいます。

(取水施設前で店舗を経営する市川繁さん) 
「(16日の)夕方になったら、2メートル以上水位が下がっていたので、これは異常だと」

一方、こちらも、16日午前中に、同じ場所を訪れていた人が撮影した小さな渦。


ところが午後3時になると…渦は大きくなっています。


川底から流れ出したとみられる水の勢いが増していったのが、渦の大きさから想像できます。


(横山朋未記者)
「取水口の少し上流では、新たにホースが設置されました。このあと水がポンプでくみ上げられ、20メートルほど離れた明治用水の水路へと流されます」

■東海農政局が発表した経緯
5月15日(日)
現地で漏水を確認
5月16日(月)
漏水を防止するため、漏水箇所と推定される地点に砕石を投入→変化なし
5月17日(火)
漏水範囲が拡大 上水(水道)、工業用水、農業用水の取水量が大幅に減少