日本にはどんな名字が多いのか。
名字研究家の髙信幸男さんに聞いた、日本で多い名字のランキングでは、「佐藤」「鈴木」「高橋」「田中」「伊藤」が1、2、3、4、5位となっていますが、都道府県別のデータもあり、全国のランキングとは異なります。
島根県・鳥取県に多い特徴的な名字や、珍しい名字、その由来を取材しました。


テレビ番組でも活躍中、名字研究家の髙信幸男さん。
鳥取・島根の「名字」について聞いてみると。

名字研究家 髙信幸男さん
「貴重な県なんです。電話帳の中から見ているが、やはり歴史のあるところ、出雲大社や因幡地方とか。昔から、神話の時代からあるところなので、それにまつわる名字もあるのかと感じています」

島根県・鳥取県には、どんな名字が多いのか。街の人に予想してもらいました。

島根県民
「多久和さん」
「吾郷さんとか」
「吉岡とか」

鳥取県民
「田中、私も田中です」
「小林も多い」
「足立とかですか?」

予想は当たったのか?発表しましょう!名字ランキング・ベスト10、
まずは、島根県。

【1位「田中」、2位「山本」、3位「佐々木」、4位「藤原」、5位「高橋」、6位「原」、7位「伊藤」、8位「渡部」、9位「松本」、10位「山根」】

1位「田中」、2位「山本」は西日本に多い名字ですが、3位には、西日本では珍しい「佐々木」がランクインしました。
また、6位の「原」は都道府県別の人口比率でみると、全国1位となっています。


名字研究家 髙信幸男さん
「ベスト10を並べたときに気が付くのが、なぜか東北の名字が多いということ。例えば3位の佐々木さん、これは全国で見ても、東北地方の岩手・宮城・秋田に多い。4位の藤原さん、まさしく藤原の時代があって、5位の高橋さんも東北に多い。おそらく戦国時代の武将の関係だと思います」

続いて鳥取県のベスト10はこちら。

【1位「田中」、2位「山本」、3位「山根」、4位「松本」、5位「前田」、6位「谷口」、7位「中村」、8位「山田」、9位「西村」、10位「小林」】

1位・2位は島根県と同じく「田中」「山本」ですが、3位の「山根」、4位の「松本」は都道府県別の人口比率でみると、ともに全国1位です。

名字研究家 髙信幸男さん
「なぜか鳥取県は九州の名字が多い。前田さん、谷口さんとか九州に多い名字なんです。九州の名字は日本海を経由して東北まで行っているんです。船の航路で来たので考えられます」