19日午後4時前、鳥取県伯耆町で民家火災が発生。出火直後の様子をカメラがとらえました。

出火直後の映像。激しく燃える炎が民家を包んでいます。

誤作動を起こしたのか、車のクラクションが鳴り響いています。

消火活動が始まりますが、炎は激しく、火の勢いはなかなか弱まりません。

火事があったのは午後3時45分頃、鳥取県伯耆町の住宅です。

小崎純佳キャスター
「火事があったのは線路の隣の家だということで、現在線路から消火活動がおこなわれています」

現場はJR伯備線の沿線。線路から懸命の消火活動が行われました。

こちらの映像では、線路を挟んで両方の建物から炎が上がっているのが分かります。
線路を挟んで飛び火し、燃え広がったのでしょうか。

近所の住民は
「放送がありまして、たまたま親戚が近くにあるもので飛んできました。飛び火したんですね」
「母家から火が出て、隣の納屋に写って、線路挟んだ小屋にうつったみたい」

午後9時半ごろにようやく鎮火。けが人はいないということです。

この火事で、JR伯備線の伯耆溝口駅と岸本駅の間では一時列車の運転を見合わせ、ダイヤの乱れが発生しました。