鳥取県米子市の伊木隆司市長の新型コロナ感染が確認されました。

伊木市長は16日まで通常通り市役所に登庁していましたが、感染者の濃厚接触者と判定され、17日から公務を休み、登庁していません。
市役所はすでに消毒作業などを終えていて、通常通り業務を行っています。

19日午後、市役所を訪れると、職員が覗き込むパソコンに、伊木市長の姿が。
市長はリモートで会議に臨んでいました。

現在の自身の症状について聞いてみました。

米子市 伊木隆司市長
「感染が分かった時は無症状でしたので、こんなものなのかと。朝は平熱で、昼にかけてちょっと倦怠感というのがやってきましたけども、今のところは十分に動ける程度です」

まだ復帰の見通しは立っていませんが、リモート対応により、業務が滞らないようにしたいと話します。

米子市 伊木隆司市長
「早く復帰して、また仕事バリバリしたいなと思いますけど、今は、しっかり治していきたいと思います」