自民党議員のパーティーのあいさつで、「議長になっても、毎月もらう歳費は100万円しかない」と述べた細田衆議院議長について、島根県の丸山知事は13日、これを擁護する発言をしました。 

島根県 丸山達也知事
「『定数増』というよりは、『100万円しか』という発言が国民の皆さんの一般的な感覚とずれが生じ、強い反発を受けられた。島根県の場合は守備範囲が広く、地元の有権者の話を聞いたりお付き合いをしたりするにも費用がかかり、東京などのような人口密集地とは違い、入りが大きくても出が大きい。我々、島根県民は、理解しないといけないんじゃないかと思う」

丸山知事は13日の定例会見で、「自分なりに議長の発言を補足する」として、このように述べ、細田議長を擁護しました。