海水浴シーズンを前に、鳥取県では11日、海水浴場で水質調査が行なわれました。
間もなく迎える水のレジャーの季節、しかし、全国では事故も多発しています。
そこで、専門家に川遊びの注意点を聞きました。


鳥取県では11日、県内3か所の海水浴場で水質調査が行なわれました。

このうち、湯梨浜町のハワイ海水浴場では、県職員の立会いのもと委託を受けた業者が海水を採取。その場で、透明度や油膜の有無などを確かめたほか、持ち帰って大腸菌の有無などを調べることにしています。
水質はAAを最高に5段階で評価され、 結果は6月中旬までに公表されます。

鳥取県中部総合事務所 環境建築局 木下博登係長
「きれいな海水浴に適した水質だったと思います。海水浴を楽しまれる際はしっかり安全対策を行って楽しんでいただきたい。」

水質調査は12日以降、県東部6か所の海水浴場でも行われます。

いよいよ迎える水のレジャーのシーズン、しかし・・・。

全国では、立て続けに川の事故が発生。
3日、静岡県では小学2年生の女の子が、5日、愛知県では19歳の男性が、それぞれ川で溺れて死亡しました。

記者 木谷茂樹
「これから夏に向けて機会が増える川や海の水レジャー。自然の中で楽しめる一方、事故から身を守ることも重要です。」

島根県飯南町。6月から、川や滝を登っていく人気のシャワークライミングを楽しむことが出来ます。

飯南町観光協会 伊藤和栄さん
「(シャワークライミングは)開放的な雰囲気の中で楽しんでもらうが、安全面が最優先になるので、(状況を)十分満たした状態での案内になる。」

ガイドを務める観光協会の伊藤さんに、一般的な川遊びでの注意点を聞きました。