24日、島根県出雲市で、陸上の日本グランプリシリーズが行われ、男子100メートルに東京オリンピック代表の選手たちが出場しました。

23日から2日間にわたり開催された「第76回出雲陸上競技大会」。小学生から一般まで県内を中心に多くの選手が参加しました。

そして、24日に行われた「YOSHIOKAスプリント」の男子100メートルには、多田修平選手、桐生祥秀選手、デーデ―ブルーノ選手ら、東京オリンピックに出場したスプリンターも参加。

注目の決勝レースでは・・・。

今シーズン国内初レースとなった桐生選手が、追い風1.5メートルの中、10秒18のタイムで優勝しました。

大会は3年ぶりに有観客で行われ、スタンドも沸いていました。