青森県が24日発表した新型コロナウイルの感染者は261人で、3日連続で前の週の同じ曜日を下回りました。

感染が確認されたの八戸市55人、弘前保健所管内54人、上十三保健所管内43人などで、検査をせず医師が判断するみなし陽性を含め、先週の火曜日より89人少ない261人の感染が発表されました。
感染者が前週同曜日を下回るのは5月22日から24日まで3日連続です。新たなクラスターは青森県全体で4件確認され、むつ保健所管内の小学校では40人が感染し、今後約110人の検査が予定されています。このほか、弘前保健所管内の高齢者施設、八戸市の職場と中学校で発生しました。現在感染している人は2310人、重症1人、中等症14人、入院しているのは110人です。


青森県によりますと感染が確認されたのは居住地別に
青森市30人 
八戸市55人  
弘前保健所管内54人 
五所川原保健所管内9人 
むつ保健所管内39人 
上十三保健所管内43人  
三戸地方保健所管内15人  
県外居住1人。
新規クラスターの発生は計4件。(八戸市2件、弘前保健所管内1件、むつ保健所管内1件)