青森県は5月11日、みなし陽性を含む415人の新型コロナウイルス感染を発表しました。先週土曜日、5月7日から5日連続で、前の週の同じ曜日を上回っています。
感染が確認されたのは、居住地別に、青森市123人、八戸市80人など409人と検査をせずに医師が判断する「みなし陽性」6人をあわせて415人です。感染者数が前の週の同じ曜日を上回るのは5日連続、感染者が400人を超えるのは4月28日以来です。
このほか、県は、五所川原保健所管内にある2つの高校の運動部と八戸市の大学等と保育施設、上十三保健所管内の通所型高齢者施設のあわせて5件のクラスター発生を確認したと発表しました。県内で現在、感染しているのは2422人で、このうち94人が入院しています。

続いて北海道と東北の感染者数です。北海道3259人、岩手県314人、秋田県262人、宮城県623人、山形県261人、福島県595人で、7道県すべてで先週の水曜日から増加しています

青森県によりますと感染が確認されたのは居住地別に、次の通りです。
青森市123人 
八戸市80人  
弘前保健所管内64人 
五所川原保健所管内36人 
むつ保健所管内18人
上十三保健所管内56人  
三戸地方保健所管内32人