青森県はきょう「みなし陽性」を含む296人の新型コロナウイルス感染と感染者1人の死亡を発表しました。

感染が確認されたのは居住地別に、弘前保健所管内96人、八戸市69人などです。検査を行わず医師が判断する「みなし陽性」11人を含めると296人の感染が発表され、先週の火曜日を105人下回りました。また、感染者1人の死亡が発表されました。

青森県が3日に発表した新型コロナウイルスの感染者は296人で、6日連続で前の週の同じ曜日を下回りました。また、感染者1人が死亡しました。
感染が確認されたのは居住地別に弘前保健所管内96人、八戸市69人などで、検査を行わず、症状などから医師が判断する「みなし陽性」11人を含め、296人の感染が発表されました。
6日連続で前の週の同じ曜日を下回り、火曜日としては3週連続で減少しました。

県は新型コロナに感染し、入院していた弘前保健所管内の80代以上の男性が1日に亡くなったと発表しました。また、新たなクラスターが5件確認されました。
現在、感染しているのは3349人で、重症は1人、中等症は14人、入院中の人は84人です。

続いて北海道と東北の感染者数です。北海道1718人、岩手県212人、秋田県310人、宮城県389人、山形県113人、福島県346人で、7道県すべてで先週火曜日から減少し、東北全体では617人少なくなりました。

居住地別の感染者は次の通り
青森市14人 
八戸市69人 
弘前保健所管内96人 
五所川原保健所管内3人 
むつ保健所管内10人 
上十三保健所管内65人 
三戸地方保健所管内23人 
県外居住5人です。

新たなクラスターの発生は、八戸市2件、青森市1件、弘前保健所管内1件、五所川原保健所管内1件の計5件が確認されました。