青森県が23日発表した新型コロナウイルスの感染者は403人で、土曜日としては、2週続けて減少しました。また、感染者1人が死亡しました。

感染が確認されたのは居住地別に弘前保健所管内117人、八戸市110人などで、検査を行わず症状などで医師が判断する「みなし陽性」3人を含め403人の感染が発表されました。土曜日としては2週連続での減少です。
また、青森県は、五所川原保健所管内の入院していた感染者1人が22日に死亡したと発表しました。県内で死者の発表は4月13日以来10日ぶりです。
新たなクラスターは、県全体で7件確認されました。内訳は小学校が4件、中学校1件、高校1件、医療機関が1件です。現在感染しているのは4775人でこのうち重症は1人、中等症は13人、入院しているのは100人となっています。

居住地別の感染者は次の通り
青森市49人 
八戸市110人 
弘前保健所管内117人 
五所川原保健所管内37人 
むつ保健所管内3人 
上十三保健所管内56人 
三戸地方保健所管内26人 
県外2人です。

新たなクラスターの発生は、八戸市で3件、五所川原管内で2件、上十三と三戸管内1件の計7件が確認されました。