青森県が21日発表した新型コロナウイルスの新たな感染者は466人で、新規感染者が9日ぶりに前の週の同じ曜日を上回りました。

青森県によりますと新規感染者は居住地別に、
青森市56人
八戸市121人
弘前保健所管内127人
五所川原保健所管内26人
むつ保健所管内8人
上十三保健所管内68人
三戸地方保健所管内24人
症状などで医師が判断する「みなし陽性」36人を含め、県全体で466人でした。
感染者数が前の週の同じ曜日を上回るのは9日ぶりです。

新たなクラスターは三戸地方保健所管内1件、上十三保健所管内2件、むつ保健所管内1件、青森市1件で計5件確認され、このうち3件が小中学校で発生しました。

また青森県は、下北地域県民局の職員5人が感染しクラスターが発生したと発表しました。
この5人は4月12日、民間事業者を含めた16人で約4時間にわたり飲酒を伴う会食をしていて、県は「会食の規模を含めた感染対策が適切ではなかったことを重く受け止め、感染対策の再徹底に努める」としています。

現在の感染者は4711人、入院しているのは92人、このうち重症1人、中等症は17人です。