「山手線止めてんだぞ」。激怒するJR東日本の駅員の動画がSNS上で拡散され物議を醸しています。渋谷駅の山手線ホームで財布を落とした乗客が“緊急停止ボタン”を押したことに端を発していますが、このボタンはどういう時に押すものなのでしょうか?

■駅員激怒「山手線止めてんだぞ」渋谷駅トラブル動画拡散

駅員
「なんだその態度は。山手線止めてんだぞ」

激高するJR東日本の駅員。これは7月4日午後8時ごろ、渋谷駅の山手線のホームで撮影され、SNS上に投稿された映像の言葉です。駅員はなぜここまで怒っているのでしょうか?

乗客
「なんでお金取ってくれないんですか?」

駅員
「お前が落としたんだろ!」

乗客
「だからなんで取ってくれないんですか?」

駅員
「そういう態度なんだよ。とってくださいって態度じゃねえだろ」

乗客
「お願いしているじゃないですか、ずっと」

駅員
「お願いする態度か!!」

JR東日本によりますと、動画を撮影した乗客とみられる男性が線路をのぞき込んだり、降りようとするそぶりを見せたりしていたといいます。

「危険な行為」とみて複数の駅員が乗客のところに駆けつけ、制止したといいます。駅員は注意した上で話を聞くと・・・

乗客
「財布を線路に落とした。拾って欲しい」

実際、線路上には財布が落ちていたといいます。そして改めて駅員が話を聞こうとすると、乗客は突然ホームに設置されている「非常停止ボタン」を押したというのです。

その後、この映像は撮影されました。駅員は撮影をやめてほしいと伝えていたそうです。

駅員
「取ってもらおうって態度じゃねえだろう」

乗客
「すいません。取って下さい、本当に。4万円も財布から出てたんですよ」

駅員
「高くついちゃってるぞ、これ。(電車)止めてんだからよ」

別の駅員
「電車とめてるんですよ。皆さんに迷惑かかってるんです」

乗客
「だからしょうがないじゃないですか。お金落ちちゃったんですから」

駅員
「こんだけの人に迷惑かかってんだよ」

SNSで拡散されている映像

乗客
「なんでとってくれないんですか、ずっと5分以上も」