市の職員の“身だしなみ”をめぐるルールに波紋が広がっています。愛媛県松山市役所の廊下にはられている、身だしなみルール「ミニスカートは不可。白髪染めは地毛の色で」など細かく指定されています。一体なぜこのようなルールができたのか?そこには役所職員の苦悩がありました。

■職員はミニスカートNG “身だしなみルール”に波紋

山内あゆアナウンサー:
愛媛・松山市役所の「勤務時間中の身だしなみモデル」のルール内容を見ていきましょう。

▼ミニスカートは不可
▼歩く時に大きな音が出るヒールは不可
▼マニキュアは透明または透明に近い色
▼髪を意図的に染めるのは不可
▼白髪染めは地毛の色で
▼結婚指輪以外の装飾品は身につけない

今回このルールが市議会で話題になりました。どのような指摘があったかというと…

松山市 梶原市議:
フレキシブルな働き方を推進しようとしている社会の流れに抵抗するかのごとき、悪しき昭和のにおいがしてならない。ハラスメント防止の観点からも見直しが必要では。

松山市 総務部長:
身だしなみとは接する相手に不快感を与えないことを第一に考えた身なりのこと。重要な接遇マナーの1つと認識している。ハラスメントとは考えておらず、現時点で見直しは考えていない。

井上貴博キャスター:
ハラスメントかどうかわかりませんけど、ここまでのルールは必要なんだろうかと感じてしまいました。

オンライン直売店「食べチョク」代表 秋元里奈さん:
何か別にいいんじゃないかなって最初思っちゃったんですけど。というのは、何かこの声っていうのが本当に働いてる方から出た声なのかなっていうのが気になりました。実際ルールがある理由って、例えば派手な服装をした時にお客さんから結構厳しい声をもらうなど、問題にならないようにするためだと思うんですよね。逆にそういう服装を完全に自由にして、トラブルがあると対応する人が大変だから、結局働いてる人を守るためのルールなんじゃないかなって思う部分もあります。だから、なんかどうなんだろうと。うちは、何も(ルールが)なくて、髪の毛もピンクの人もいるんですけど、それは接客などお客さんに会わない業務だからで。あと民間企業は、お客さんを選べるというか、(私たちの会社は)もうそういうカラーですって言えちゃえばいいんですけど、市役所って皆さんに対応しなきゃいけないから、私は別にいいんじゃないかなって思いました。

ホラン千秋キャスター:
ここまで定めないといけないくらい、伝わりづらいものなのか、仕事中に相手に不快感を与えない服装っていうのを具体的に示さないと若い人は分からない人が多いのか、どうなのかなって思いました。個人的には、1つの指輪は許されるのであるなら分かるんですけど、結婚指輪は許されて他は駄目っていうルールは、何の意味があるんだろうなって思っちゃいます。