1日およそ10万9000人を運ぶ広島の路面電車。


創業110年となる今も人の手で継がれていく職人技が、地元の交通だけでなく、日本の路面電車業界の未来をも担っています。


とはいえ、続くコロナ禍で、そんな誇らしい活躍を市民に伝える「路面電車まつり」は、ことしも中止…。

過去の広島電鉄「路面電車まつり」の様子


ということで、きょうのテーマは、『テレビで路面電車まつり!? 知られざる職人技の数々』

6月10日は、『路面電車の日』。毎年、この時期は、広電の千田車庫で「路面電車まつり」が開催されていますが、新型コロナの影響で3年連続で中止となりました。そこで、ふだんは見られない路面電車の裏側をしっかりお伝えしようと、潜入取材してきました。


例年、路面電車まつりの会場となる広島電鉄 千田車庫です。小雨が降る中、朝5時前から続々と運転士が出社して、点呼の後に車両に向かいます。


実は、この中に他社から出向中の運転士もいます。


宇都宮ライトレールから出向中 運転士 河内水紀さん
「河内です。心身・アルコール・メガネ、異常ありません」

河内さんは、来年から栃木県宇都宮市で走り始める路面電車を運転します。


現在、路面電車の事業者は全国に18あり、その多くが開業から100年以上経つ老舗企業です。


そんな中、栃木県宇都宮市では、来年、日本の路面電車事業者としては70年以上ぶりの開業となる「宇都宮ライトレール」が創業します。その幕開けに備え、河内さんら6人の運転士が現在、広電で研修を重ねています。


河内水紀さん
「ほかの方がたみたいにメリハリのきいた運転とか、きっちりと停止位置に、より正確に停めることができればいいなと思っています」

現在、広電の保有する車両は、26種・136両。運転士は、ことし、導入したばかりの次世代型から1940年製の車両までさまざまなタイプを日々、乗りこなします。


河内さんと同じく宇都宮から出向中の渡辺純也さん。宇都宮で運転するのは、次世代型のみですが…。


渡辺純也さん
「古い車両を運転できる機会は今のうちしかないので、そこは楽しんで。せっかくの機会ですので」