バスケットボール・ B.LEAGUE FINALS 2021-22の第2戦が29日、東京体育館で行われた。2戦先勝で王手をかけていた宇都宮ブレックスが琉球ゴールデンキングスに勝利し、5シーズンぶり2度目の優勝を果たした。

宇都宮は第1戦に続き比江島慎(31)が好調だった。要所でシュートが決まり、この日、両チーム最多の24得点の活躍。最終第4クォーターでは残り22秒で初優勝を目指す琉球に2点差に詰め寄られたが比江島のスチールなどで逃げ切った。

宇都宮は82ー75で勝利し、Bリーグ初年度2016-17シーズン以来5シーズンぶり2度目の頂点に立ち、比江島がMVPに選ばれた。