鳥取県岩美町の海岸に、木造船の一部とみられる木片が漂着しました。

鳥取海上保安署によりますと28日午前9時半頃、鳥取海上保安署の海上保安官が鳥取県岩美町の城原海岸付近を巡回中、木造船の一部とみられる木片が漂着しているのを発見しました。

漂着していた木片は長さ約6.3メートル、幅約2メートル。
船の外板(船首部)の一部とみられ、コールタールのようなものが塗布されていて、船体には不鮮明ながら「575-67871」という数字の記載があるということです。
船首部にはタイヤらしきゴム材の取り付けもあったということです。

なお、周囲には、この他に関連する漂着物は確認できなかったということです。