フランス南部で開催中のカンヌ国際映画祭。最高賞「パルムドール」を競うコンペティション部門で、是枝裕和監督の作品が公式上映されました。

記者
「ここカンヌでは常連となった是枝監督。今回は韓国の映画俳優とレッドカーペットを歩きます」

多くのファンが見守る中、韓国の人気歌手で女優のイ・ジウンさんらとともに登場した是枝裕和監督。カンヌ国際映画祭は2018年に最高賞「パルムドール」を受賞した「万引き家族」以来です。

今回ノミネートされた「ベイビー・ブローカー」は、“赤ちゃんポスト”に預けられた赤ん坊を横流しする男たちとそれを追う刑事。そして、一度は子を捨てたものの思い直して戻ってきた母親らをめぐる物語です。

是枝裕和監督
「1つの命をめぐって善意と悪意が交錯していく感じ。最後は、あの赤ちゃんどうするんだってことを見た人も一緒に考えてもらえればいいなと思っていました」

2度目のパルムドール受賞となるか。発表は28日です。