ロシア軍は、バルト海沿岸で核兵器も搭載可能な短距離弾道ミサイル「イスカンデル」の模擬発射訓練を行ったと発表しました。

インタファクス通信によりますと、ロシアのバルト艦隊は4日、バルト海沿岸の飛び地にあるカリーニングラード州で、短距離弾道ミサイル「イスカンデル」の発射訓練を行ったと発表しました。

訓練は、敵の飛行場や司令部などを想定した目標に対し、実弾を使わない形で実施。「イスカンデル」は核兵器も搭載可能で放射能や化学物質による汚染への対応なども確認したということです。

カリーニングラード州は、NATO=北大西洋条約機構加盟国のポーランドとリトアニアに挟まれた場所で、ロシアとしては、ウクライナへの軍事支援を拡大させる欧米などを強くけん制する狙いがあるとみられます。