無意識で言ってしまった、と認めました。浜松市議会議長を3回務めたベテラン市議が「異常な性癖」と発言した問題で、栁川樹一郎議員(72)が2月8日午前、記者会見を開き、性的マイノリティに対する差別的な発言だったと謝罪しました。
     

会見を開き謝罪する栁川浜松市議=2月8日午前11時頃、浜松市役所

謝罪したのは、自民党浜松の重鎮、栁川市議です。栁川市議は、2月2日に行われた浜松市議会市民文教委員会の中で、中学校教諭の男が男性アパートに侵入した疑いで逮捕された事件をめぐり、「異常な性癖だ。普通なら女性のアパートに侵入するのに」と発言し、性的マイノリティに対する差別的な発言として問題となっています。

深々と頭を下げ謝罪する栁川浜松市議=2月8日午前11時頃、浜松市役所

8日午前11時から浜松市役所で行った会見の冒頭で、栁川議員は「浜松市民はもとより、性的マイノリティの当事者のみなさんに対し、大変不適切で迷惑をかけた発言、失言だった。反省し、深く心よりおわびします」と謝罪の言葉を述べ、頭をさげ、謝罪しました。

「LGBTQという言葉がない時代に育った」などと釈明する栁川浜松市議=2月8日午前11時、浜松市役所

そのうえで、栁川議員は、年齢的にLGBTQという言葉がない時代に育ち、私がそこまでの感覚になっていない。潜在意識の中に、異性と恋愛することが社会通念として残っていて、無意識のうちに『異常行動』と言ったつもりが、『異常な性癖』と言ってしまったなどと釈明しました。また、栁川議員は、性的マイノリティを非難する意図は全くないと改めて付け加えました。