福島県は22日、内堀知事が新型コロナウイルスに感染したと発表しました。

内堀知事は、16日夜に福島市内で会食に参加し、18日に同席者の感染が判明したため、19日から自宅でのリモート勤務に切り替えていました。19日に実施したPCR検査では陰性でしたが、22日のPCR検査で陽性が判明したということです。現時点で復帰は未定としています。

内堀知事は「体調に異常はありません。誰もが感染する可能性があります。感染を拡大させないためにも、お一人お一人が警戒を緩めることなく、引き続き県の重点対策及び職場での対策などに取り組んでいただくようお願いします」とコメントしています。

県によりますと、内堀知事はワクチンを2回接種していて、3回目の接種は公務により延期されていたということです。職務代理者は立てず、必要な指示は電話やリモートで続けることにしています。