「シリーズ道の駅」。3回目は、宮城県登米市にある「道の駅三滝堂」です。
大自然の中で食を満喫でき、ドライブの休憩スポットとしても人気を集める道の駅の魅力に迫りました。

登米産の牛を使ったステーキ丼に…今が旬のイチゴ!
さらに弁当や惣菜の種類が豊富なのが、道の駅三滝堂です。

道の駅三滝堂


この道の駅は、三陸自動車道が登米市まで整備されたのをきっかけに、2017年にオープン。三陸道三滝堂インターチェンジと隣接していて、ドライブの休憩スポットとしても人気を集め、多くの人が訪れます。

道の駅三滝堂 猪俣浩美店長
「地元の方や週末だと県外ナンバーも見られるようになった」

道の駅三滝堂 猪俣店長


店内では自然豊かな登米市ならではの魅力が存分に味わえます。
入口付近では生きもたちが出迎えてくれました。

猪俣店長
「登米市は本当に自然が豊かなところで、川もキレイなので沢ガニやドジョウ、タニシなど、お子さんからご年配の方まで楽しんで頂いている」

買い物客
「いい遊び場。俺たちが育ったころの農村風景を思い出す」

この時期に人気を集めるのが、登米市米山産のイチゴ「もういっこ」。
このイチゴを使ったスイーツ、オムレットも売れ行きは好調だといいます。

登米市米山産イチゴ もういっこ


そして、目を引くのがバラエティ豊かな弁当や惣菜、パンです。
合わせて100種類以上用意してあります。

買い物客
「ここのパンが好きでよく回りますね」

道の駅三滝堂から車で約10分の三滝堂ふれあい公園。
夏になると、沢遊びの子どもたちでにぎわいます。
この時期は新緑のもとバーベキューやキャンプスペースでテントを張り、癒しを求めるのもいいかもしれません。

三滝堂ふれあい公園


道の駅三滝堂 猪俣浩美店長
「ここでお弁当とかケータリング商品、パンなどもご購入いただいて(公園で)自然とともに楽しみながらお食事していただきたい」

そして、最後に紹介するのはこちら!登米産牛を使ったコロコロステーキ丼です。ボリューム満点ですが、値段は1000円!
地元の食材を使っているからこそコストを抑えることができます。

登米産牛使用 コロコロステーキ


大自然と種類豊富な食。それが道の駅三滝堂の魅力です。