18歳の女性と飲酒したなどの週刊誌報道がされた吉川赳衆院議員(比例東海)が7月15日午後6時過ぎに、自身のブログを更新し、今回の問題について初めて言及しました。

吉川議員は、週刊誌報道について「わが身の不徳の致すところであり、心よりお詫び申し上げます」と謝罪したうえで女性と会った当日の経緯を説明しています。

吉川議員のブログによると、週刊誌で18歳とされた女性とは、今年5月に利用した接待を伴う飲食店で出会ったということです。女性は従業員として吉川議員を接客し、飲酒もしていたことから、20歳以上であると認識していたということです。

また、女性と2人で飲酒した際に、女性が大学1年生や18歳と発言していたことについては、「酒席で働く女性が身元を知られたくない等の理由から、年齢や所属先、出身地などについて正確なことを述べないことはよくある話でありますから、私としては、真に受けることもせず、『なるほど、大学一年生という設定なのね』と受けとめ、軽い乗りで会話を合わせていたというのが実情でありました」と釈明しました。

さらに女性に4万円を渡し、いわゆる“パパ活”と報じられたことについても、週刊誌が報じた女性との飲酒は、クラブのいわゆる“同伴”に付き合ったものだとし、「素人の方が個人的なお付き合いをすることの対価としてお支払いしたものではなく、クラブに勤務される方の欠勤に対する給与相当額の補填としてお支払いしたもの」だとしています。

このうえで、週刊誌の取材について、あらかじめ女性と打ち合わせして進められたもので「このような手法で記事を作り上げるやり方は、もはや健全なジャーナリズムの報道取材としてあるべき域を超えた、社会通念上許容し得ないものと判断し、その当否を世に問うべく、不法行為に基づく損害賠償を求めて訴訟を提起する所存です」として裁判を起こす方針を示しました。

吉川議員は6月上旬、一部週刊誌で18歳の女性と飲酒し、4万円を手渡したなどと報じられ、自民党を離党。自民党静岡県連や地元支部は吉川議員の辞職を求めています。

関係者によりますと、吉川議員は当初、参院選の直後にブログで意見を表明する方針でしたが、安倍元総理が銃撃を受けて亡くなったことを受け、18日以降にブログを更新するとしていました。提訴の準備をしているとの報道を受け、更新を早めたものとみられます。

一方、吉川議員は女性との飲酒の経緯などを5000文字以上の長文で説明しましたが、週刊誌が報じた女性とホテルで過ごした件については、ブログでは触れられていませんでした。