無病息災を祈る神事「大祓式」が静岡市の神社で執り行われました。

静岡市葵区の静岡浅間神社の境内には、直径5mの大きな茅の輪が設置されています。

6月30日は、この半年間のけがれを祓うための神事「大祓式」が行われました。訪れた人たちは、茅の輪を8の字を描きながらくぐり抜けることで無病息災を祈りました。

<参拝者>
「10日前に手術したので半年生きててよかったなって」
「子どもが暑い夏を乗り越えられるように」

神社では、大祓式を30日午後も2回行い、茅の輪は7月4日まで設置されています。