6月28日の静岡県内は、浜松市佐久間と川根本町で気温が36℃を超えたほか、静岡市でも35℃に迫まりました。連日の猛暑、この暑さはいつまで続くのでしょうか。

<伊豆川洋輔記者>
「連日暑いです。静岡市役所前の温度計は34℃を指しています。街行く人たちはどのように暑さをしのいでいるのでしょうか」

暑さの原因は例年より1か月も早く北に張り出した夏の太平洋高気圧。6月28日の最高気温は、浜松市佐久間で36.7℃、川根本町で36.0℃と体温並みの暑さとなったほか、静岡市駿河区でも猛暑日一歩手前の34.9℃を観測し、今年一番の暑さとなりました。

静岡市の中心街では、熱中症にならないようにマスクを外して歩く人たちが目立ちました。

<街の人>
「めちゃめちゃ暑いですよね。いきなりですよねこんなに暑いの」
「もう夏か来たなぁという感じ」
「かき氷を初めて食べた」
「マスクはつけられないですね。着けたら息苦しくなって頭おかしくなっちゃうかなと思って外してます。テレビでも外なら外していいよって聞いたので、人目も気になるけど外していこうかなって」

静岡県内では、28日午後3時半までに熱中症で25人が救急搬送されました。このうち、76歳の女性が玄関前で倒れています。

静岡市葵区でフルーツティーが人気のカフェです。例年より早く、2週間ほど前からかき氷の販売を始めました。猛烈な暑さをしのごうとかき氷を求める人が多く、客足は例年の3割増しだといいます。

<Green Cafe 大澤香名子さん>
「急激な暑さでやはり皆さん涼を求めていることを感じます。昨年は緊急事態宣言でお休みも多く、客足が途絶えたりしたので、今年の夏は期待しております」

暑さは、しばらく続くとみられ、体調に気をつけて夏を乗り切らなければなりません。