2021年、静岡県森町で相次いだトウモロコシなどの盗難被害をうけて、警察が農家に警戒を呼びかけました。収穫の時期に合わせ狙われやすい夜間のパトロールを強化する方針です。

<袋井警察署の警察官>「不審な車があったらどんどん声かけしますので、みなさんも警察車両の赤灯を見たら手を振ってあいさつするなど、よろしくお願いします」
 警察官が訪れたのは、森町でトウモロコシを生産、販売している農家です。森町では2021年、ブランドトウモロコシ「甘々娘」およそ3000本が盗まれるなど、収穫間際の窃盗事件が3件発生しました。犯行時間帯はいずれも夜間とみられます。今季も収穫の時期を迎え、この農園でも5月29日から収穫が始まります。
<村松さとる農園 村松悟さん>「他県ナンバーや違う人が見ているとか、そういうことには注意を払うようにしている」
<袋井警察署 生活安全課 鈴木真志さん>「苦労して育てた貴重な作物を 安易な気持ちで盗ることは絶対に許されないことなので、そのようなことがないようにしてもらいたい」
 警察は夜間を中心にパトロールや検問などを強化する考えです。