5月27日午前、静岡県富士市で工場のスレートぶきの屋根が飛んだり、煙突が折れたりする被害がありました。不安定な天気に伴う突風の影響とみられ、屋根が車にぶつかり、運転していた男性がケガをしています。

27日午前8時半ごろ、静岡県富士市宮下の工場のスレートぶきの屋根が飛ばされたと消防に通報がありました。

飛ばされた屋根は、市内に住む60代の男性が運転する車にぶつかり、車はそばにあった田んぼに転落したということです。男性は頭や顔、腕などにケガをして、病院に運ばれました。

また、工場の煙突が折れたほか、富士市防災危機管理課によりますと、突風により、家の瓦などが飛ばされ、窓ガラスが割れるなど、富士市内の広い範囲で線状に被害が確認されているということです。

静岡地方気象台では、調査官4人を現地に派遣し、被害状況などに調べることにしています。