リニア沿線の知事らが集まる自民党の特別委員会が5月26日、開かれ、静岡県の川勝平太知事が「住民の理解が得られなければルート変更を」と主張しました。

 自民党による特別委員会はリモート形式で開かれ、リニア新幹線ルート沿線の10都府県の知事などが参加しました。非公開で行われた会合の中で川勝知事は、「リニア工事は住民の理解を得られていない」と主張しました。

<静岡県 川勝平太 知事>
「(住民の)理解が得られているとは到底思えない理由を7つ挙げました。工事の中止と南アルプスルートを変更する、元のルートに戻すという発言を3分程した」

 川勝知事は、南アルプストンネル工事は大井川の流量と水質、生態系への悪影響を及ぼし、ルート選定の経緯にも疑義があるなどと問題点を指摘。流域住民の理解は得られておらず、工事を中止してルート変更すべきと主張したということです。
一方で、他の知事からは、早期開通を求める声が相次いだということで、静岡県との温度差が鮮明になっています。