静岡県三島市で、高齢男性が「サイバー犯罪に加担している」と言われ、あわせて1280万円を騙し取られる詐欺事件がありました。

4月21日、三島市に住む70代の無職の男性のスマートフォンに「サポートセンターに連絡をください」と書かれたショートメールが届きました。

男性が連絡をしたところ、サポートセンター職員を名乗る男などから「サイバー犯罪に加担している」「損害補填をしなければならない」などと言われ、指定された口座に30万円を振り込みました。

その後も警視庁の警察官を名乗る男などから「他にも被害者がいる」などと告げられ、5月18日までの間に19回、あわせて1280万円をだまし取られました。

警察はこうした詐欺に注意を呼び掛けています。