自転車の交通事故を一件でも減らそうと、警察は5月24日朝、高校生などと連携し、運転時のマナーアップを呼びかけました。

 静岡市葵区の県立静岡西高校は2022年度、「自転車マナーアップチャレンジモデル校」に指定されています。この日は警察官らが代表の生徒とともに、自転車通学をする生徒に安全運転を呼びかけました。警察がまとめた過去10年間のデータによりますと、高校生が関係した自転車事故のうち、登校中の事故がおよそ半数となっています。また、原因としては一時不停止や左右の未確認で全体の6割を占めます。
<静岡西高の生徒>「葵区の代表として見本となれるように呼びかけをしていこうと思います」
<静岡中央警察署 鈴木英文交通一課長>「ぜひマナーアップモデル校を中心に自転車の事故防止を広めていきたい」
 こちらの高校では、およそ95%の生徒が自転車通学をしていて、警察では一人一人が安全運転を心がけてほしいとしています。