静岡ゆかりの画家たちの名作が一堂に会した企画展が静岡市の駿府博物館で開かれています。

 静岡市駿河区の駿府博物館で開かれている企画展「郷土の画人〜静岡美の潮流」では静岡ゆかりの画家たちの作品およそ40点が並んでいます。会場では、中国の影響を受けて特に県西部で盛り上がりを見せた遠州南画といった江戸時代の作品から、伝統的技法を受け継ぐ近代の絵画、さらに、今活躍中の県内出身画家たちの力作まで幅広く楽しむことができます。静岡市生まれの中田真央さんの作品は、木版をベースにアクリル絵の具や色鉛筆を駆使していて、その華やかな色使いで訪れた人の目を楽しませていました。この企画展は駿府博物館で6月12日まで開かれています。