浜松市の大型商業施設で不審者に対応するテロ対策訓練が行われ、従業員と警察官が連携強化をはかりました。

 商業施設の従業員や浜松西警察署の警察官、およそ40人が参加した訓練は、ガソリンや刃物を持った不審者が店に現れる想定で行われました。
<不審者発見通報>「ポリタンクのようなものを持っていて、なんか危険な感じがします」
 参加した従業員は、来店客の避難経路や誘導に向けた手順を入念に確認していきました。
<浜松西警察署 倉見真和警備課長>「不審者の兆しを発見した場合は、すぐに通報していただくことが何よりも大事となります」
 警察官は従業員にさすまたの使い方を指導するなど、連携強化と防犯意識の向上を図り不測の事態に備えたいとしています。