5月19日、静岡県内では新たに1110人の新型コロナウイルス感染者が確認されました。先週の木曜より約130人減少しましたが、2日続けて1000人以上となっています。
 自治体別では、静岡市が271人、浜松市が250人、掛川市が65人、藤枝市が53人、磐田市が53人、焼津市が52人、沼津市が45人、富士市が39人、湖西市が31人、袋井市が29人、御殿場市が23人、島田市が22人、菊川市が20人、富士宮市が16人、三島市、牧之原市が15人、長泉町が14人、清水町が12人、伊豆の国市が11人、伊東市、裾野市、吉田町が10人、伊豆市が9人、函南町が8人、小山町、森町が6人、熱海市、御前崎市が5人、下田市、東伊豆町、河津町、南伊豆町、県外が1人となっています。
 亡くなった人の報告はありませんでしたが、新たに4件のクラスターが確認されています。