静岡県吉田町の沿岸部に南海トラフ巨大地震の津波をk想定した防潮堤の一部が完成しました。

防潮堤が完成したのは、吉田町川尻のおよそ1.5kmの区間です。焼津市から牧之原市にかけての海岸は、南海トラフ巨大地震が発生した後、短時間で津波が到達し、避難できる時間がわずかしかありません。

国と町が整備した防潮堤は、海抜11.8mの高さがあり、最大クラスの津波を想定し、粘り強い造りになっています。また、防潮堤の隣には、完成したばかりの河川防災ステーションがあります。

吉田町は、防潮堤の整備をさらに進め、災害に強い町を目指したいとしています。