勇壮な凧揚げで盛り上がった今年の浜松まつりの人出が発表されました。3年ぶりに観客を入れた凧揚げ会場は、3日間合わせておよそ12万人となりました。

浜松まつりは、5月3日から5日までの3日間、開かれました。そのうち、凧揚げについて、去年は無観客でしたが、2022年は1日上限3万人で観客を入れて行いました。
 
浜松まつり組織委員会の集計によりますと、凧揚げに参加した地元住民と合わせて、初日の3日は3万8906人、2日目の4日は4万1438人、そして、最終日の5日は、4万2419人で、あわせて12万2763人の人出となりました。
 
一方、今年も新型コロナの影響で、まつりの内容が一部縮小され、絢爛豪華で知られる御殿屋台の引き回しは各町内限定での開催となりました。

5月6日放送