民間企業の力でプールをリニューアルする予定の大浜公園(静岡市駿河区)について、静岡市が実施しようとした入札が中止となりました。市は、2025年7月のオープン予定は変えないと説明しています。

大浜公園にある大浜プールは、老朽化が進行して維持管理費が増えていることから、静岡市が民間企業の力で全面リニューアルする再整備事業を進めています。

市は、整備と運営を担う事業者を決めるため、4月7日までのおよそ1か月間入札の募集をしましたが、参加を表明したのは1社だけでした。さらに、その事業者が参加要件を満たしておらず失格となったため、入札は中止となりました。

入札中止の事態について、田辺市長はコロナ禍の厳しい経済環境が影響した可能性に触れました。

<静岡市 田辺信宏市長>
「事業性と公益性を両立するにはその時々の経済状況が大きく左右する」

静岡市は、2025年7月のオープン予定は変えずに、条件を見直すなどして再び入札の募集をするとしています。