静岡県伊豆市にあるテーマパーク「土肥金山」にある世界一の金塊。その時価総額がいま、跳ね上がっています。その額、展示を開始した17年前の5倍以上。いくらまで上がっていると思いますか。

「土肥金山」にある世界一の金塊。何が世界一かというと、その重さ。250kgはギネス記録に認定されています。そのお値段は・・・

<廣田昭由記者>
「こちらの大きな金塊です。このように触ることができるんです。そしてこの金塊の今の時価、なんと22億円ということです」

時価相当額22億円!2005年の展示開始当初は、およそ4億1千万円でしたが、現在はおよそ5倍にまで価値が跳ね上がっています。

<来園者>
「すごいねーかあちゃん。これこれ。下からも触れる」
<記者>
「22億円だそうですよ?」
<来園者>
「うわーそんなするんだ。すごいな〜22億円!」
「ちょっと実感ないですけど」
「きもちいいね、大金持ちになれそうだ」

価格高騰の背景には、金は「有事に強い」資産とされ、コロナ禍やウクライナ情勢による影響で、金の人気が高まったことや世界中で取引されるため、国際指標はドル建てで、円安・ドル高が進んだ結果、円に換算した時の価格が上がったなどが挙げられます。

<土肥金山 勝呂淳さん>
「大変な金額になりました。話題に取り上げられていいんですけども、金相場は世界情勢が不安定になると上がるので複雑な心境です」

<滝澤悠希アナウンサー>
「このように金の価値が高まっているわけですが、一般的な金の相場はどうなっているんでしょうか」

静岡市葵区の「タカラ堂」では、ジュエリーや時計を販売する傍ら、金の買い取りも行っています。

<タカラ堂 植松宏高常務>
「(1g当たりの金の小売価格は)20日、8969円で過去最高値を更新した」

金の相場は2022年に入ってから上昇を続け、こちらの店が扱う地金の4月20日の1グラム当たりの小売価格は8969円で、記録の残る1973年以降、過去最高を更新したということです。金の高騰による影響も・・・

<タカラ堂 植松宏高常務>
「できれば(値上げは)避けたいが、金相場を見ると仕方ないと感じているところ」

タカラ堂によると、この状態が続くようであれば、金を使った腕時計やアクセサリーも少しずつ値上げせざるを得ないとのことです。