長崎県五島市ではこのほど、地元の人たちが磯の潮だまりに取り残された小エビ獲りを楽しみました。


干潮時の潮だまりに取り残された体長3~4センチほど透明な体に黒い縞模様のあるイソスジエビです。

五島市三井楽町の塩水地区では、地域の人たちが、潮の干満の差が大きいこの時期、潮だまりに取り残されたイソスジエビを網ですくいあげて捕まえます。
潮の満ち引きを使った世界最古の漁ともいわれる『スケアン』という古代漁法です。

エビの動きを予想して素早く網を動かします


中には、一度に十数匹を捕まえる人も!


子ども「大きいのが獲れたら嬉しい」
男性「楽しいですね。童心に帰ります。ふふふ」

イソスジエビは、天ぷらやお好み焼きなどにして味わうということです。