29日、長崎県内では新たに415人の新型コロナウイルス感染者が発表されました。
先月25日以来およそ1か月ぶりに新規感染者が400人を超え、佐世保市では入院患者1人の死亡が発表されました。

新たに感染が確認されたのは、
長崎市で144人
佐世保市で113人
諫早市で53人など、あわせて415人です。

先週の水曜日と比べて156人増加し、4日連続で前の週を上回りました。

このうち佐世保市では、市立の学校や児童関係施設 あわせて5件で新たなクラスターとなったほか、五島市の介護福祉施設でも新たなクラスターが確認されています。

また佐世保市は入院治療中だった80代の女性1人が、きのう死亡したと発表しました。
年代別では、10歳未満が27.8%と最も多いものの、次いで30代15.2%、40代13.9%となっています。

■ 新規感染者数の推移 重症患者は0人 病床使用率は1割下回る

4月27日の678人をピークに減少傾向でしたが、今月中旬以降感染者数は下げ止まりました。
そして今週に入ってからは増加傾向になっています。

一方で、重症となっている患者は現在県内にはいません。
また病床使用率は2月には4割を超えていましたが、現在は8.8%で、1割を下回っています。

県では密になる場面でのマスク着用や手指消毒など基本的な感染症対策を呼び掛けています。


【市町別】
長崎市 144
佐世保市 113
島原市 7
諫早市 53
大村市 30
平戸市 5
松浦市 2
対馬市 0
壱岐市 4
五島市 21
西海市 0
雲仙市 10
南島原市 3
長与町 4
時津町 11
東彼杵町 0
川棚町 0
波佐見町 2
小値賀町 0
佐々町 3
新上五島町 3