最近話題となっている言葉「メタバース」をご存じでしょうか。インターネット上に作られた仮想空間のことを指しますが、いま、このメタバースが私たちの暮らしを根本から変えるかもしれないと大きな注目を集めています。買い物から恋愛に至るまで、生活を一変させる可能性を秘めているメタバースの世界の実態に迫りました。


無限の可能性を秘めた“もう一つの世界”


VRゴーグルを装着すると、視界いっぱいにリアルな街が広がり、インターネット上に作られた仮想空間、「メタバース」に入ります。ここでは、自分の分身=アバターを使いジェットコースターに乗ったり、絶景の星空を楽しんだり、まるでそこに生活しているかのような、さまざまな体験ができます。VR法人HIKKY 大河原あゆみさんにメタバースの可能性について聞きました。



(VR法人HIKKY 大河原あゆみさん)
「メタバースというのは無限の可能性を秘めた空間です。海外では行政の手続きや、医療機関の簡単な診療、教育機関でも使われることも多い」

2021年10月には、アメリカのSNS大手Facebook社がメタバースに力を入れようと、社名を“Meta”(メタ)に変更することを発表しました。SNSに代わるサービスになるのか?と、一気に世間の注目を集めました。

日本企業も続々と参入するメタバース


日本でもすでに多くの企業がメタバースへ参入しています。例えば、2018年から開催される世界最大級のイベント「バーチャルマーケット」では、メタバースの中に作られた街で買い物などを楽しむことができますが、2021年冬の開催期間中には世界中から100万人以上が訪れました。

仮想空間上に作られたリアルな渋谷センター街を歩いていると、リアルではあり得ない位置に大丸松坂屋が現れます。店内に入ると、食品やデザートなど商品がズラリ。試しにワインを手に取ってみると、裏のラベルまでしっかりと書かれていました。気に入った商品は、ウェブサイトを通じて購入することができます。

メタバースに出店している大丸松坂屋百貨店ギフト企画運営担当の田中直毅さんに、今後について聞きました。



(大丸松坂屋百貨店ギフト 企画運営担当 田中直毅さん)
「社内には北海道物産展のバイヤーなど、有名なスタッフも結構いる。こういった人間がアバターでお客さんと接客できていけば、時空を超えてサービス展開できるかなと」

また、人気のアパレルショップBEAMSでも店員のアバターが接客をしてくれます。洋服のデザインを細かく見て頂くことができ、実際に注文したいときは「BUY」というボタンを押せば実物が家に届くシステムです。